榎 真弓|Mayumi ENOKI

STATEMENTS

庭とつみかさなること Garden and Stack

わたしの作品は、ただ、瞬間と呼ばれる時間と空間に属している。この場所は、わたしの時間のくみあわせと記憶の断片が積み重なった庭。わたしが花を庭で見つけたとき、わたしは誰がそこに置いたのか、あるいは、それがいつ現れたのかわからない。それはそこにあったのかもしれない。自然なものも、作為のものも、無意識のものも、おさまるべきところにおさまっている、庭のような作品。そしてそれはこれからも変化し続ける。作品は、わたしの未来を含んだ空間としてつくられる。

My aim is that my work just belongs to time and space called for at the moment. The moment seems like a garden that have stacked  combined times and fragmented memories. When I find a flower in my garden, I am not sure who put it there nor when it emerged. A flower might have been already.
A natural thing, an artificial thing, an unconscious thing…The work such as a garden where they have stacked shows a state of things. And it will continue to change for ever. My work includes the future; the act is structured as space.

(Last revised in November 2017)

Tape Pieces

テープをちぎってくっつけいくと、テープがレイヤーに積み重なって、立体的なかたちができていきます。そしてつくったテープ・ピースを、自然のなか、街のなか、建物など、わたしがそれにふさわしいと思う場所を選んでインスタレーションします。そしてしばらく環境のなかにピースをそのままにしておき、それからあるシーンを撮影します。作品はピースそれ自体でもありインスタレーションでもあり、写真でもあります。最終的には、その写真イメージを版画にすることもあります。
テープそのものは工業製品のひとつであり、日用品として身近な雑貨です。粘着性があり、手軽で、薄く、フラットで、リムーバブルでフレキシブルなものです。便利なテープは、使うのも棄てるのも簡単です。わたしたちのモダンな生活や文化の質感を表象しています。身近にあるのに振り返られないもの。
わたしが伝えたいことは、捉えがたいある現象―わたしたちが今日生きている、はかなくてつかのまなこの世界について―です。作品を通して、わたしたちが気づいていないかもしれない、あやふやなある場所や存在を探求したいのです。 わたしたちはすでにそこにいる。いまここにいる。その場所へ、世界への贈り物として、わたしはこの小さなピースを届けます。命を与えられこの世界の住人となった小さな生き物。テープでつくられたこのピースが、ある変化のためのきっかけとなること。はかないものごとへの気づきとなることを願っています。


I have recently developed a tape work project in which I use adhesive tape to make 3D tape pieces. I tear off the tape and arrange it in layers. I can create a tape piece wherever I am and put it in any suitable place of my choice: outside in nature or in a town or inside a building. I leave the tape piece in its place for a while in the environment. Then I take a photograph of the scene as the moment. The work is pieces themselves and installations or photographs. Finally, I fix it in print as a photographic image using printmaking methods.

Tape is one of the industrial products and sundries that we are familiar with in our daily lives: it is sticky, handy, thin, flat, removable and flexible. This usefulness of tape, easy use and disposability, may be interpreted as a representation of the texture of our modern life and cultures. They are not looked back on in spite of being close to us.

Through my tape pieces, I wish to convey the phenomenon: my otherwise inexpressible feelings about the temporary and ephemeral world that we inhabit today. Through my art works I try to explore an uncertain existence, relating to other places that we may be unaware of. We are already there. Right here right now. I would like to send you a small piece as my gift to the world. It resembles a small living thing that has been given life and has thus become an inhabitant of the world. This piece, made from raw materials, will act as a catalyst of change. I hope that it is awareness of something which is ephemeral.

(Last revised in January 2017)

かどをまがると。When We Turn the Corner

どこかで音がしている。
雲のながれる音、風の鳴る音、樹々のこすれあう音、鳥の落葉の上を歩く音、深夜の湿った車輪の音、アトリエの静かな音、だれかの足音。
それは見えていない。見えかくれする。
見えていないので、音を聴く。声を聴く。妄想によって、空想によって、かたちによって、語りあう。
遅れながら次の作品が生まれてくる。

Water Mummy-N's Heart (detail) Water Mummy-N's Heart (detail)
水と反射 Water and Reflection

青く光沢のあるゲル状のものが、まるで海のようにペトリ皿を満たしています。すでに溶けているミイラの犬のようなゲルのかたちは、まだ半分は残っています。わたしは小さなペトリ皿のゲルを、その大きいペトリ皿から取り分けました。 この作品のアイデアは、ある僧侶の話から生まれました―納骨堂は底から骨が溶けていくので、骨を入れても入れてもいっぱいにならない―。 物を分解する性質を持っている水。納骨堂のように、わたしたちの記憶は深い海に沈殿する。そして水はわたしたちのイメージをかき写します。

This work in a petri dish looks like a sea, filled with a blue and glossy, gelled solid made of polyurethane. The gel in the small petri dish is served from the gel of the big petri dish. Forms such as mummified dogs have already melted, with half still remaining. The idea comes from a story of a Buddhist priest; a charnel house does not fill up even if he puts bones inside because the bones have been melting from the bottom. Water has the property of dissolving objects. Our memories precipitate and lie in the depth of the sea, similar to a charnel house. Water transcribes our image.

Another First Person (detail) Doe's Voice ver.2 (detail) Small Wind after the Dog Has Passed ver.1
花と死 Flowers and Death

花は生命のさかりをあらわにし、わずかな死の兆候を隠します。 わたしたちが思うことは、花が美しいということ。わたしたちは自らの死を、自分自身で知ることはありません。そのかすかな兆候ゆえに、わたしは印刷のプロセスを用います。 多版多色刷りによるフォトグラブールは、そのイメージにディテールと微妙なニュアンスもたらします。

A flower reveals the very peaks of life, and conceals a subtle symbol of death, considering that we think flowers to be beautiful. We never know about our own death and ourselves. I use a photogravure technique using overlapped printing with multiple plates. The technique of a print image provides detailed and subtle nuances on the representational image. Therefore, I use a printing process instead of a photograph.

Michel (detail) Coney Doe (detail)

写真と時間  Photograph and Time

生きていた見つめ返す少女。 コニーアイランドの、もうすでに鬼籍に入ったであろう老女。 写真は、いつも過去を語ります。時間は、わたしたちの眼前で流れておらず、過去はかさねることで初めて見ることができると思うのです。 わたしは、モノクロ写真を4色多色刷りのモノトーン・プリントにして、時を、時間のかたまりとして表現しました。

This is a little girl who looks back, when she would have been alive. This is an old woman at Coney Island who would have already entered the grave. Photos always tell about the past. Time does not flow in front of us. It can be seen for the first time by layering the past. Using black and white photos, I express time in monotone by overlapped four colours. My intention is to represent time as mass.

Intuition of Embryo III Intuition of Embryo II,

転生と輪廻 Transmigration and Metempsychosis

わたしたちは、地下の根のことをあまり知りません。中心も、始まりも終わりもなく、からみ合いながらいろいろな方向にのびたノマド・リゾームのモデル。 数千年前にさかのぼれば、埋葬されたわたしたちのからだは、種や木であったかもしれません。あなたの身体は、庭の桜の花として生まれ変わって、そしてまた遺伝子と命を転写していく。わたしたちは輪廻転生の存在。 それは胚の直観に由来しているのです。

There is so much we do not know about underground roots. There is neither a centre, a beginning, nor an end; however, they intertwine and extend to multiple directions. This is a model of the nomade rhizome. Think back many thousands of years, when our buried bodies transmigrated to seeds and trees. Your body would be reborn as cherry blossoms in a garden. It would also transcribe genes and lives. We are all metempsychosis beings coming from an intuition of embryo.

Miteru (detail) Miteru (detail)

表象とテキスト Representation and Text

言葉は表象であって、実体そのものではないので、わたしはテキストを版に刻む。肉体、現実から感じたなにか、を記します。 日本の文字は、記号だけではなく図や音も示します。『満てる』(2008)と『未てる』(2008)は、ふたつの相対する言葉の音を持っており、音がビジュアルとイメージを想起させます。並置するというコンセプトにもとづいて、122×80.5cmの紙に10×8cmのプレートをプリントしたものです。 日本語の「うつす」は複数の意味を持っている―写す、映す、移す、遷す、跡をたどる、複製する。言い換えれば、「うつす」は、あるものがある場所から別の場所へ移動することを表しています。

The words are representative and are not substance itself. I engraved the text on a metal and transcribed what I felt, something from reality marked as a corporality. A Japanese character indicates not only a symbol but also the form of a figure and sense of sound. The title Miteru (2008) has the sounds of two opposing words, ‘fill up’ and ‘run out’. Moreover, you can associate the sound with the visualisation and sense of the image. These works are based on the idea of juxtaposition, and I printed 10 × 8 cm metal plates on 122 × 80.5 cm sheets of paper.
The Japanese word Utsusu has plural meanings in English: transcribe, reflect, move, transfer, trace and reproduce. In other words, Utsusu expresses that a certain thing moves from one place to another.

Inclusion, Installation view Emergence, installation viewEmergence (detail, left/face, right/back)

親密さと距離 Intimacy and Distance

廊下は、ひんやりとしていた。かすかな自然光を砂の壁がしずかに反射していました。部屋にいると、背後に聞こえる音は次第に消えていき、沈黙の音があらわれました。 それもまた作品の一部です。 小さな和室の雰囲気の親密さ。西洋の芸術では絵を離れて見るけども、日本では絵を近くで見ます。たとえば手にとってみる所作は、日本の美のひとつの様相で、茶の湯では、それを拝見と呼びます。 日本の伝統的建築物である福寿会館での『うちなるもの 』(2006)、また元酒蔵スペースでの『こととして』(2005)は、「親密さについて」着目した作品です。

The wooden floorboards of the corridor were cool. Subtle natural light gently reflected off sand walls. In the space of the room, the subliminal noise of the background gradually disappeared, and the sound of silence emerged. I considered that it was a part of the work. The atmosphere of the small Japanese tatami space was very intimate to us. Western art means seeing a picture from a distance, but the distance for Japanese art is closer to a picture. Such an attribute of having to look at a picture using one's hands is one such aspect of Japanese beauty. This attribute is common in the Japanese tea ceremony called Haiken. I focused on intimacy in the installations Uchinalumono (Inclusion) (2006)at Fukujyu-kaikan of Japanese traditional architecture, and Kototoshite (Emergence) (2005) at the building of a traditional sake brewery.

Winter Garten (Donnerstag) Winter Garten (Sonntag) Winter Garten (Dienstag) Winter Garten (Montag)

皮膚と肉体 Skin and Corporality

わたしはシュミーズを屋外へ持ちだし、冬のベルリンの公園で撮影しました。シュミーズを夕暮れの空虚の下で、風に揺れているままにしておいておきました。 薄い半透明の布は、身体を覆う皮膜、皮膚のメタファー。瞬間の生身の身体を遮蔽する。 薄く半透明の布のかさなりは、繊細な陰影を生み、まるで抜け殻のように見えました。

In the series Winter Garten (2003), I took a chemise outdoors and photographed it in the winter garden of Berlin. I left the chemise swaying in a gentle breeze under the emptiness of the dusk. The thin, translucent cloth is a metaphor for a skin covering a body. It screens a body of flesh and blood for a moment. The overlap of thin, translucent cloth produces a delicate shadow and looks like a cast-off skin.

fooddiary march30 2002 caso2002 Lost Corporality installation view

シミュラクラと食べ物 Simulacra and Food

シズル感は、食品のおいしさと新鮮さを表します。それはあたかも食品のビジュアルイメージを構成する視覚の文法のように働きます。 身近なビジュアライゼーションのあらわれをみてみると、食品の表象イメージは、まるでシミュラクラのようです。ビジュアル化されたイメージが現実のモデルとなっているように思えます。 現代の生活のなかで食べ物とは消費社会の象徴のひとつであり、食べ物は情報化しています。

A sizzling sensation expresses the deliciousness and freshness of food. It works as if the visual grammar composes the visual images of food. When we observe the manifestation of visualization, the representative images of food in modern life look like simulacra. This means that a visualized image is the model for reality. Food has become the symbol of a consumption society. Moreover, food is an information-oriented subject.

bodyfacts 1 bodyfacts 2 bodyfacts 3

身体と食べ物 Body and Food

わたしは食べ物を記録するために、日常の食事の写真を撮っていました。 そこからヒントを得て、インクジェットプリントした薄い半透明の布で、シュミーズとトランク、そして子供のドレスをつくりました。梅干しのイメージは、内臓のメタファー。そのシンプルなデザインは、梅干しと日の丸弁当から生まれました。 この作品のコンセプトは、 食べ物を身体と肉体についての問題として考えることです。

I have been taking photos of everyday meals to record what I eat. From a research perspective, I made chemises, trunks and children’s dresses with cloth of thin, translucent inkjet-printed images. This simple design comes from the Japanese Hinomaru lunch box containing only a pickled plum and rice. The image of pickled plums is a metaphor for internal organs. The concept is that food is the matter relevant to a body and corporality. I gave the series the title Body Facts (2002).

arbanart PB0996 philipmorris PB0997 Ambiguous Boundariy Installation view

鏡映と透明性 Mirroring and Transparency

これらの作品は、透明なプレキシガラスと蛍光灯でつくられた箱のユニットで構成された、マルチプルです。 ミラーリングしたピンクとブルーの光は、たがいに繰り返し反射しあい、閉じた部屋を彷彿とさせます。 閉じられた部屋は、わたしたち自身の内部を照らしています。 透明性は、わたしたちの目に見えない皮膚、および内部と外部との境界。 現代の生活と社会のメタファーに焦点を当てたこのアイデアは、身体性、肉体、皮膚に関するわたしのリサーチに引き継がれました。

These two works are multiples constructed by units of boxes made of transparent Plexiglass and fluorescent lamps. The mirroring pink-and-blue lights reflect repeatedly back on each other, and the effect is reminiscent of closed rooms. The closed rooms illuminate our own interior. Transparency is our invisible skin, and a boundary between inside and outside. This idea focuses on the metaphor for modern life and society and led to my research on the qualities of physicality, corporality and skin.

residue of wind native heart

ユニーク・プリントとエディション Unique and Edition

わたしは色とテクスチャをつくるために、顔料を混ぜます。アクアチント技法による滑らかで柔らかいプリントの表面は、ベルベットに似ています。 わたしは、エディション・プリントをトリミングして組み合わせ、それをバックグラウンドとしし、そこに「Residue(残滓)」を重ねてプリントしました。ユニーク・プリントであるこの作品の着眼点は、エディションと呼ばれる各プリント・シートが含む行為をたどることで、特定の時間と空間を並置することでにあります。

I mix pigments to create colours and textures. The surfaces of the prints resemble velvet, having a smooth soft surface imparted by an aquatint technique. I constructed a unique work combining sheets of cropped prints for the background images and printed objective plates over them as residue. I focus on the idea of juxtaposing a specific time and space through the tracing of an act on each sheet of prints called an edition.

1990 drawing 11 etching print with text

並置とプリント Juxtapose and Print

紙に油彩ドローイング、油彩された紙のコラージュ、およびアクアチントプリントによるミクストメディアの作品。アクアチントプリントの部分は、印章のように見えます。 中国の皇帝は、所有物であることを示すために、絵の余白に印章を押しました。 絵は、歴代の皇帝の印章でおおわれています。 このことは、ふたつの世界の存在を示していると思います。ひとつは、押印した現実の世界。そしてもうひとつは、絵の世界。それらは、まったくの並置として存在しています。

This is mixed media with oil drawing, a piece of oil-painted paper collage and an aquatint print on paper. Part of the aquatint print looks like an imprint of a seal. A Chinese Emperor affixed his seal on a blank image to show his possession. The space of the picture is covered with imprints from every generation of emperors. The picture shows two worlds: One is the real world of imprints, and the other is the world of the picture. They are completely juxtaposed.

1990 drawing 3 1990 drawing 18

なごりと腐食 Trace and Corrode

日本の伝統的な絞り染めと似ていると思ったことから、わたしはエッチングをはじめました。 これらはプレートのまわりに糸、テープ、フィルムまたは他の柔軟な材料を巻き付けて腐食し、その痕跡を残した作品です。その材料は、絞り染めの糸ように酸が金属を腐食するのを防いでいるのです。 Reflected (1987)から引き継いだコンセプト、印刷の原理について再考するというアイデアにもとづき、わたしはこの作品に取り組みました。

I researched etching plates because I thought that the etching process would be similar to the Japanese traditional tie-dyeing technique Shiborizome. This etching involved winding a thread, tape, film or other flexible material around a metal plate and then tracing. These materials work to prevent acids from corroding the metal plates. The concept picked up from where Reflected (1987) left. Based on the idea of rethinking about the principle of print, this work was born.

 

reflected

反射と鏡 Reflection and Mirror

わたしは黒い木の板をくり抜いて、小さな池のように凹みに水を注ぎました。 その水面には、空の鏡像が映っています。 ミラーリングは、印刷原理のモデルのひとつ、印刷プロセスが鏡像を形成する、ことです。 わたしはこのプロセスを通して、印刷原理の再考を試みました。 印刷の原理を考えることは、遺伝子や生き物の転写と呼ばれるプロセスを共有し考察することにもつながると思います。

This work was produced by hollowing out a black wooden plate and pouring water into the basin to give the appearance of a small pond. The water surface reflects a mirror image of the sky. Mirroring is one of the principle models of printing, which implies that the printmaking process forms a mirror image. My aim is to rethink the principle of printing through this process. Thinking about the principle of printing also leads to the realization that genes and living things share a process called transcription.

nameless_no5 nameless_no3

ミザ・ナビームと写真製版  Mise en abyme and Photo-processed Printing

これらのふたつの作品は、わたしのはじめてのマルチプルの作品です。わたしの指示にもとづき、工業用写真製版のオフセットリトグラフによって制作されました。 この作品Nameless Wishes (1986)のコンセプトにおいて、わたしはMise en abymeの考え方を展開しています。紙には実質はなにも残っておらす、ただ印刷された写真イメージの表象がある。印刷のコード。 写真は表象であり、実質そのものではないことの検証です。

These two works are my first produced multiples. I mean both are created by the industrial photo-processed offset lithograph and ordered using my instructions for production. The concept underlying Nameless Wishes (1986) is an extension of the concept of Mise en abyme: No printing paper remains. The representation in the printed photographic images is the code for printing. A photograph is representative and is not substance itself.