Installation view at the artist's studio, 2018

かさなった事物のあいだを大切にする。
なぜならばその隙間が、宙ぶらりんを可能にするから。
何かになりそうでもあり、このままでもあるかもしれない気配。
きめ細やかにある事象が砕かれて、なめらかになって、
なめらかになればなるほど、それらのあいだは曖昧になっていく。

どうやらそれは、存在を求めているのではないようだ。
ただ、たまたまに、出会うことを大切にする。
私は出会いがしらに、そのようにあることを受け入れる。


I take good care of a gap of sheaves 
Because that makes it possible to hang in the air.
It is likely to become something and the sign that it might be as it is. 
An event is crushed finely and worn smooth.
The smoother it is, the blurrier the in-between becomes.
It seems not to be seeking existence.
However, it will treasure meeting up with stalks by chance. 
I will accept that as it is when bumping into each other.
Work in Progress, 2018, oil on glassine paper, mixed media, approx.103x78 cm each
Back to Top